見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

上がり32秒3で直線は独壇場。次は秋の天皇賞withスミヨン。2019神戸新聞杯・サートゥルナーリア。

今年のダービーをダンゼンの1番人気で見事に裏切ったのがサートゥルナーリア。

距離がだめなのか、いまいちわからないまま秋の緒戦は3歳馬同士の神戸新聞杯。

ヴェロックスしか強敵がいないレースならさすがにキレる。

 

のはいいんですが、なぜ菊花賞に行かないのかわからん。

ヴェロックスとの対戦成績は有利なんだから行けばいいものを。わざわざ人気を裏切った府中に輸送する意味がわからん。

来年も出られるレースにわざわざ使う理由はわかりませんが、秋の天皇賞はルメール騎手はアーモンドアイがいることもあり、スミヨン騎手に乗り替わり。

デムーロ騎手のお手馬だった記憶もあるんですが・・・コロコロころころ乗り替わり。つまらなくなりました競馬も。

ヴェロックスをかわすだけ、というわかりやすいレースはこちらから。