見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「夏に比べて体がしっかり」by池添。関東馬・シルク・池添=G1馬なるか?2019芙蓉S・オーソリティ。

シルクレーシング・関東馬・池添騎手。

これがそろうと浮かぶのがいまや川田騎手のお手馬?になってしまったと思われるハービンジャー産駒のブラストワンピース。

そんな三拍子そろった馬が再び池添騎手で来年のクラシックに挑めるかどうかと思えるのが2019年の芙蓉S勝ち馬・オーソリティです。

 

騎乗している池添騎手としても感慨深いであろうオルフェーブル産駒。

母は日本が大事に育てている牝系でもあるロザリンド。

母のきょうだいにはエピファネイア、サートゥルナーリア、リオンディーズなどの血統があり、キャロットファーム?と思えるバックボーンですが勝負服はシルク。

 

2着には3番人気のウインカーネリアンが入り、芝2000mにかわったレースということもあり、年末のホープフルS、来年のクラシックに向けて視界良好ではありますが、まだまだ本賞金は糒はず。

次は未定とのことですが、大きな舞台で見たい1頭。

www.youtube.com