見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

地方初参戦で重賞初V。2019スパーキングレディーカップ・ファッショニスタと川田騎手。

2番手追走の王道の競馬で抜け出し4馬身差、3着には10馬身差の圧勝を演じたのが、栗東・安田厩舎の管理馬でストリートセンス産駒のファッショニスタ。

牝馬の大物といえば、最近では牡馬をなでぎりにしたサンビスタがいるわけですが、それ以降は残念ながら小粒。

 

今回は若武者斉藤新騎手騎乗のマリブムーン産駒のマドラスチェックに注目してましたが、52キロで掲示板がやっとという内容を見ると、やはり牝馬ダート路線は今後も混戦になるんだろうなと。

 

思ったより前で競馬することになった、というのが川田騎手のコメント。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com