見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

スタート一息も二の脚でハナへ。母セレブラール譲りの快速披露で3馬身差圧勝。2018さざんか賞・イベリス。

アーモンドアイやサートゥルナーリアこそいるものの、父ロードカナロアはやはり距離適性はマイル以下、と思える産駒が多いように思えます。

まあそういう意図でつけている生産者が多いから、というのもありますが、母が短距離系にロードカナロアをつけている時点で、もってもマイルまでだろうなと思えるのが、現役時代も短距離で活躍したセレブラールの仔・イベリス。

 

栗東・角田厩舎の管理馬で、角田調教師といえばジャングルポケット、ヒシミラクルといったイメージもありますが、ヒシアケボノやノースフライトなどマイル以下のG1でも存在感を見せ付けていた騎手。

 

初コンビとなった浜中騎手とも手が合ったのか初の逃げでも動じることなく3馬身差で楽勝。

むしろ逃げたほうがいい?と思える内容はこちらからどうぞ。

www.youtube.com