見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

伏兵だった帝王賞とは対照的。堂々1番人気で年上のG1馬を寄せ付けず。ケイティブレイブ堂々逃げ切り@2018川崎記念。

アドマイヤマックスの最高傑作といえるのがケイティブレイブ。

どうしてダート中距離馬が出てくるのかは配合する母系含め、競馬の奥深さといったところでしょうか。

サクラバクシンオーも母父に入っても父に入っても長距離馬を出すケースがあったことを考えると、驚くほどのことではないのかもしれません。

栗東・目野厩舎といえばコバテツのイメージもありますが、主戦はユーイチ。

翌月2月に引退が決まっている目野調教師に最高のプレゼントにもなりました。

 

何よりフロックではない1番人気での押し切りは価値があるもの。

レースはこちらからどうぞ。

 

 

www.youtube.com