見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

舞台は再び東京芝1600m。リスグラシュー、1年3ヶ月ぶりの美酒。2018東京新聞杯。

2019年の宝塚記念勝ち馬・リスグラシュー。

牡馬相手でもやれる手ごたえを感じたのは1年前のこのレースではないでしょうか。

2018年の東京新聞杯です。

古馬になってからはややマイラーというイメージを陣営も持っていた馬ということもあり、マイル路線中心に歩んでいました。

オークスで結果が出なかったのが大きかったのかもしれませんが、父ハーツクライを考えると、距離どうこうより成長がまだ追いついていなかった、というだけなんでしょう。

 

そんな東京新聞杯当時の主戦は武豊騎手。

2016年のアルテミスS以来の重賞2勝目となったレース。

こちらからどうぞ。1番人気は結局未完の大器のまま終わったグレーターロンドンでした。

www.youtube.com