見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

レア競馬2019@水沢競馬で11歳馬対10歳馬のバトル勃発。まさかの噛み付きで降着に。

JRAの噛み付き王子といえばフェブラリーS勝ち馬のシンコウウィンディのイメージがありますが、老いてなお盛ん、といえる11歳馬が後輩?の10歳馬に噛み付いて降着という珍しい事例が令和元年6月に水沢競馬場で起きました。

 

調教師が処分を受けていますが、噛み付かないようにする調教ってあるんでしょうか。。。

まっすぐ走るようにするならわかるんですけど。犬じゃないんだから。。。

 

2019年6月11日の水沢競馬第6R・C2一組(ダ1400m・9頭)に出走したフジノフェアリー(牡11、岩手・高橋純厩舎)は、決勝線直前で併走馬マイアヴァロン(牡10、岩手・工藤裕孝厩舎)に噛みついた。
これがなければ4位入線のマイアヴァロンは2位入線のフジノフェアリーに先着できたと認められたため、フジノフェアリーは4着に降着となった。
 この件についてフジノフェアリーは調教不十分により30日の出走停止、調教師は戒告・賞典停止4日となった。

www.youtube.com