見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

心配機能が高く距離延びていい。ハービンジャー産駒、菊花賞に名乗りか?3歳500万下・ラクローチェ。

栗東・角田厩舎の管理馬のラクローチェ。

管理する角田師は、ヒシミラクルで大波乱を巻き起こした菊花賞含め、G1でキラリ光る騎乗を見せてくれていた騎手。

そういった意味で、遅咲きになりますがこの馬は秋には面白いことになりそうなのが、父ハービンジャー、母ウインデンファーレから生まれたラクローチェ。

鞍上は今年ついにダービージョッキーとなった浜中騎手。

ロジャーバローズが凱旋門賞参戦となると、菊花賞のパートナーは不在となるだけに、この馬とのコンビは面白いのではないかなと。

 

たかが500万下。しかも特別戦でもないレースですが覚えておいてほしい1頭。

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com