見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

初コンビの北村友一「いい意味でイメージと違って切れた」2019白百合S・レッドアネモス。

いまさらなんですが、当ブログはオープンレースを「OP」と表記しているわけですが、JRAはちょろちょろ呼び名をかえていることもあり、リステッドレース、という名前に今はなっています。

また2019年6月1日から、500万、1000万、1600万条件の呼び名がそれぞれ○勝馬クラスという呼称になっており、わたし含め競馬を以前からやっている人間からすると???な感じになっています。

いまさら呼称をリステッドにかえるのも違和感があるため、当ブログではリステッドレースはそのままオープンで掲載します。

 

というわけで、今回は今年プチブレイク中の北村友一騎手の手綱で勝利したレッドアネモスについて。

父はヴィクトワールピサ、母はマチカネハヤテということで、やや母系は最近の主流とは離れます。

5番人気というのは、最近では目立たないヴィクトワールピサ産駒というのもあるんでしょうが、結果的には大波乱となったレース。

2着には7番人気モズベッロ、3着には8番人気のメイケイハリアーが入っています。

個人的にはハービンジャー産駒に期待したんですが、京都じゃだめなのか???というくらい内容が薄い結果となりました。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com