見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

レース史上最少のキャリア6戦目で春の盾を奪取。2019天皇賞(春)フィエールマンとルメール。

菊花賞馬といえばやはり翌年狙うのは春の天皇賞。

 

始動戦がAJCCというのは、なんとなくスペシャルウィークっぽいイメージはありましたが、今年の春の天皇賞は正直大阪杯、ドバイにメンバーが分散しすぎたこともあり、やや小粒。

ステイゴールド産駒のエタリオウがあそこまで人気になる時点で、あまりレースレベルは高くなかった印象。

 

とはいえ、菊花賞、そして春の天皇賞を制覇したフィエールマンの偉業は変わらず。

デビュー以来大事に使われてきたこともあり、レース史上最少のキャリアとなる6戦目での春の天皇賞制覇となりました。

 

長距離砲は最近の種牡馬業界ではあまり重宝されませんが、1800mでもそこそこやれている馬ですので、宝塚記念や秋の天皇賞でも勝ち負けできるようだと種牡馬入りにはくがつきそうです。

 

とはいえアーモンドアイなど有力馬多数のルメール騎手の取り合いになるだけに、サンデーレーシング、シルク、キャロット・・・どうするんですかね特に秋のローテ。

 

2着にはシルク所有のグローリーヴェイズが入った1戦はこちらからどうぞ。

www.youtube.com