見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

海外G1初制覇。凱旋門賞は無念の断念。2019ドバイターフ・アーモンドアイ。

凱旋門賞を狙うなら復帰初戦で芝1800mはないだろう。

と誰しも思ったと思えるのが、ジャパンカップですさまじいレコードをたたきだしたわれらがアーモンドアイ。

 

世界のロードカナロアといわれた馬から、またも世界の~と言われる馬が誕生したのは、母フサイチパンドラの父サンデーサイレンスの偉大さも改めて知らしめる結果となったわけですが、ドバイシーマクラシックは日本馬の大量出走もあったのか、国枝調教師が選択した路線なのかわかりませんが、いずれにしても相手関係は正直そこまで強くなかった今年のドバイターフ。

頭数こそ揃いましたが、小物?が多く、日本馬のワンツーフィニッシュとなりました。

ドバイのリピーター・ヴィブロスが2着。

 

そしてこのレース後、オーナーのシルクから「凱旋門賞は登録しない」という発表が。

次は安田記念。

 

はあ。。。安田記念。。。単なるマイラーにしたいのか???

これだけの馬、、、凱旋門でなくてもいいから海外のビッグレースにぶつけて欲しかったけれど。まあクラブ馬だし仕方ないのかな。

 

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com