見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

残り200mでまだ中団。エンジンかかるとグイグイ伸びた。菊花賞の隠しダマか?2019新緑賞・パラダイスリーフ。

 

 

シルクホースレーシングの代表馬といえばいまやアーモンドアイ、ブラストワンピースになるでしょう。

わたしの世代は今は亡き後藤騎手とのコンビが印象深いシルクグレイッシュや、藤田騎手とのコンビの印象が強いシルクジャスティス、シルクプリマドンナといったところなんですが、早田牧場→ノーザンファームになってからは募集価格も高くなり、馬の質も高くなりました。

 

父ディープインパクト・母シルキーラグーンから生まれたパラダイスリーフ。

2019年のダービーは本賞金でも激戦区ということで、2勝馬では出られないわけですが、今年の2月23日デビューからこれで2連勝ということで、昨年の菊花賞馬・フィエールマンのように遅咲きで菊花賞に、という流れはこれでできました。

 

ヤネはシルクの勝負服は案外珍しい?川田騎手でした。

美浦・木村厩舎が川田騎手を関東で乗せるというのもなかなかレアですが、2着に入った3番人気のエデリーも奥がありそうな競馬を見せており、500万下の特別戦とはいえ、レベルは高かったと思われます。

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com