見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

菜七子悲願の重賞制覇はお預けの2着。2019東京スプリント・キタサンミカヅキ。

フェブラリーSの入場者数が1万人以上昨年より増えた、というだけあって、相変わらずの人気なのがJRAの藤田菜七子騎手。

着実に白星を積み重ねており、今年はついに初G1騎乗を単勝1桁の人気馬で飾りました。

現状、外を回して追い込むというのが中央開催では多いですが、いつか馬群を割ってくる姿も見てみたい、と思います。

 

女性だから、というより、勝ち星を見る限り、普通に乗れる騎手の1人だと思います。

そんな藤田菜七子騎手に最大のチャンスとなったのが2019年の東京スプリントに参戦のコパノキッキング。

ところが馬場悪化もあってか痛恨の出遅れ。大井競馬場で出遅れ、しかも1200mは致命的といえます。

ところが1番人気かと思いきや2番人気に落ち着いたキッキング、冷静に後方待機から直線を迎え、古豪キタサンミカヅキこそ捕まえ切れなかったものの2着は確保。

なぜかオープンキャリアでは格下のヒロシゲゴールド武豊騎手が1番人気でしたが、こちらは3着。むしろ1番人気が謎なだけで3着は大健闘では???と。

 

キタサンミカヅキで単勝780円はけっこう美味しいと感じたのはわたしだけ?と思えるレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com