見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

レース前の主役は藤田菜七子。終わってみたら1番人気武豊。スポーツ紙ジャックは菜々子?2019フェブラリーS・インティ。

ケイムホーム産駒というと、中央では頭数はそれなりにいるものの大物感はなかったわけですが、栗東・野中厩舎の管理馬・インティは、大事に大事に使ってきたのが古馬になってついに実りました。

 

前走の東海Sでは初めての重賞でかつ1番人気を背負う中、後続を寄せ付けずフェブラリーS出走権を獲得する1着で通過。

ゴールドドリームの参戦もあり大幅な相手関係強化となった平成最後のフェブラリーSも、先行争い激化の予想もある中、サクセスエナジー、サンライズソアが思ったほど主張しなかったこともありすんなりハナで直線へ。

 

注目は大外に持ち出した最後方待機のコパノキッキングと藤田菜七子騎手でしたが、前走の根岸Sで騎乗したマーフィー騎手のコメントどおり、1600m、しかも府中ではごまかしがきかず掲示板がやっとの追い込み。

 

勝ったのは武豊騎手。49歳でのG1制覇となり、やはり華があります。

オーナーの武田さんはメジロ牧場の元場長ということで縁もゆかりもありすぎるタッグで、4枠6番もまさかのオーナーの誕生日ということで、終わってみたら当たり前すぎる結末。

ブリーダーズカップの優先出走権が獲得できたものの、父ケイムホームの種牡馬登録が現地でないため、1000万以上の負担を強いられる現状、海外遠征はあるのか否かも注目。武騎手では自腹切ってでも行きたいくらいとコメント。

www.youtube.com