見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

春の盾へ再接近。戸崎圭太でも問題なし。晩成の金子真人HD管理馬は侮れない。2019阪神大賞典・シャケトラ。

今年から謹慎があけて復帰しているのが栗東・角居調教師。

管理していたウオッカが亡くなるなど悲しいニュースもあった2019年でしたが、この馬の復活、かつ連勝はサートゥルナーリアよりうれしいのかもしれません。

 

マンハッタンカフェ産駒のシャケトラ。金子真人HDは、いったいどんな相馬眼の持ち主なのか、さまざまな舞台で大物を出してきます。

晩成といえばラブリーデイが浮かびますが、その域にまでたどり着きつつあるような強さになっています。

 

明け6歳になって馬が変わった?と思えるくらいの安定感を見せ始め、ヤネも石橋脩→戸崎圭太、と関東の騎手の乗り替わりで不安視された阪神コース3000mもあっさり克服。

 

ただ、フィエールマンを負かした前走のAJCCよりも相手関係がしょぼかったのも事実。今年に関しては日経賞のほうがレベルが高かったように思えます。

とはいえ、2連勝で堂々と春の天皇賞に迎えるのは、厩舎のモチベーションとしても大きいかもしれません。

問題はヤネですね。果たして誰が空いているのか。石橋脩騎手でビートブラック以来の春の天皇賞制覇も見たい気もしますが。

 

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com