見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

早めに仕掛けた藤岡康太「よく応えてくれた」。芝短距離馬の母からダート中距離馬が登場。2019沈丁花賞・ブラックウォーリア。

母ステファニーチャンといえば、短距離、ローカル、芝というイメージがあった牝馬で、わたしは現役時代に馬券でお世話になったこともあり印象に残っています。

そこに父のブラックタイドをかけあわせたら、ダート中距離馬が出てきたのが栗東・西村厩舎所属のブラックウォーリア。

1番人気のダノンすプレンダーをおさえての勝利は価値はありますが、ジャパンダートダービーに向けてはもう一皮むける必要はありそうです。

父ブラックタイドの成長力に期待かな。

3着にはシェパードボーイが粘ったレースはこちらからどうぞ。

 

www.youtube.com