見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

3ヶ月半ぶり32キロ増もなんのその。昨年の雪辱&初重賞。2019京都牝馬S・デアレガーロと池添謙一。

美浦・大竹厩舎と池添謙一騎手といえば、昨年の年度代表馬、有馬記念勝ち馬のブラストワンピースですが、今回はサンデーレーシングの勝負服で穴をあけました。

 

父マンハッタンカフェ・母スーヴェニアギフトから生まれたデアレガーロ。

母は短距離適性の強い産駒を出す繁殖牝馬ということもあり、父はやや長距離砲ですが、関係なかったですね。

牝系次第でしょうが、孫になるジョーストリクトリやジョーカプチーノといったマイルよりのオープン馬が出てくる血統なのかもしれません。

 

去年の2着馬、というのは頭の片隅にあっても、3ヶ月半ぶりで32キロプラスで出走してくれば「叩き台」というイメージがどうしてもついてきます。

それもあってか9番人気と低評価だったわけですが、むしろ休養&馬体増でより強くなって帰ってきた印象です。

問題は次で2走ボケもありそうなだけに、次で微妙に人気なら消しにするのも手かも。

 

2着に期待されつつ素質開花が待たれているリナーテが入ったレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com