見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

道悪巧者の母×その母と重賞2勝のコンビ・池添騎手で波乱の結果に。2019弥生賞・メイショウテンゲン。

母メイショウベルーガといえば牡馬相手の長距離で善戦していた牝馬です。

デビュー6戦目ということもあり、これまで期待値ほどの内容を残せていなかったこともあってか10頭立ての8番人気と低評価。

父ディープインパクトというバックボーンがあってこのオッズということもあり、まさか来ないだろうと思っていたら・・・

 

雨が降ったこともあってか、2着も6番人気シュヴァルツリーゼ、3着も善戦マンのブレイキングドーンが入る波乱の結果に。

上位人気勢ではニシノデイジーが流れ込む形で4着、落馬負傷で急な乗り替わりとなったラストドラフトはまさかの逃げで7着敗退。

 

能力発揮しての結果ならわかりますが、ちょっとな、という感じです。

本番には参考外と思えるレースはこちらからどうぞ。

追伸になりますが、メイショウテンゲンに今回騎乗した池添騎手は、本番は栗東・池江厩舎のすみれS勝ち馬・サトノルークスに騎乗のため、三浦騎手が騎乗することも発表されています。

www.youtube.com