見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

年間100勝はこの馬で決めたミルコ・デムーロ。「すごく強かった」2018ダリア賞・アウィルアウェイ。

父ジャスタウェイといえば2018年の新種牡馬。

マイラー?なのか中距離馬だったのか、判断が難しいですが、どろんこ馬場の安田記念勝ちをみると2000mまでの馬だったかな、と今では思います。

父ハーツクライがややステイヤーよりの戦績だったこともありますが、ジャスタウェイ産駒は芝2000m以下のほうが適性はあるのかも。

 

そう思えるのが母ウィルパワーとの間に生まれたアウィルアウェイ。

栗東・高野厩舎の管理馬で、最近ではファンディーナの牝馬での皐月賞参戦が話題になった厩舎。

1400mがギリギリじゃないの?と思える内容ですが、騎乗したデムーロ騎手は1600mがギリギリというジャッジ。

マイルがこなせれば活躍の場も広がるわけですが、はたして先々どうか。

2着には2番人気のローゼンクリーガー、3着には3番人気レノーアが入り、がっちがちの銀行レースとなったレースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com