見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

逆襲の逃げ切りで初重賞。積極策が吉と出た@2018レパードS・グリム。

父ゼンノロブロイといえば、美浦・藤沢厩舎のシンボリクリスエスの後継として活躍した1頭。

サンテミリオンのアパパネとの同着オークスの印象も強く牡馬の大物、となるとピンと来ないですが、ここにきてダートでまずまずの強さを誇る馬が出ました。

 

栗東・野中厩舎所属のグリムが、レパードSを逃げ切りで勝利。

前走のユニコーンSは消化不良の内容で9着敗退だったこともあり、思いきった逃げの選択が吉と出ました。

かなり不器用な馬という印象もあり、連続して好走するかは正直微妙ですが、強いことは強い。

現状はハマれば強い、といった印象で安定感が出てくればゴールドドリームっぽくはなりそうです。

以下レース回顧です。

www.youtube.com