見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

電撃王が見えてきた。「スタートからチョー速かった」byルメール。2019オーシャンS・モズスーパーフレア。

エース不在のスプリント界に新星誕生となったか。

アメリカ産の○外・父スパイツタウンのモズスーパーフレアがハナを切ってそのまま押し切り。

2着には2番手追走のナックビーナスと、いったいったの競馬ですが、1,2番人気馬のいったいったなので、前がハイレベルすぎた、ということなんでしょう。

後ろにいた馬たちはほぼ何もできずじまい、という内容。

 

スタートからチョー速い、というのがテン乗りで騎乗したルメール騎手のジャッジ。

本番の高松宮記念はロジクライに騎乗が決まっていることもあり、武豊騎手に手綱が戻るモズスーパーフレア。

モズといえばモズカッチャン、モズアスコットともに外国人騎手でG1制覇となっていますが、武騎手でもいけるのか。

 

久々に○外の大物誕生か?という期待もあり、またカレンチャン以来出てきていない短距離女王の期待もかかるモズスーパーフレアのレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com