見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

中山芝最後の新馬戦を制したのはゼーヴィントの全弟。2019メイクデビュー中山・パラダイスリーフと石橋脩。

父ディープインパクト・母シルキーラグーンといえばゼーヴィント。

芝中距離のオープン馬までのぼりつめる活躍を見せています。

その全弟は、美浦・木村厩舎所属のパラダイスリーフ。

全兄が芝2000mを得意としていたこともあり、陣営としてもレース選択は楽だったのか、デビューは中山芝2000mとなりました。

 

鞍上の石橋脩騎手もまだ未完成というジャッジをくだしており、兄より成長度はゆるやかになるかもしれませんが、そのぶん長く期待できる馬かなと思われます。

馬主は全兄と同様シルクレーシング。2着に2番人気のブライティアセルバが入っているようにレースレベルもまずまず。

こちらからご確認ください。

www.youtube.com