見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

8度目のG1挑戦でついに悲願達成。日本のG1初勝利のモレイラ騎手も珍しくガッツポーズ。2018エリザベス女王杯・リスグラシュー。

父ハーツクライといえば、牝馬でいえばヌーヴォレコルトがいますが、晩成血統ということもあり、本格化までには時間がかかる印象のある種牡馬です。

リスグラシューは2歳時から重賞戦線で活躍してきましたが、G1になるとあと一押しが足りない、という競馬が続いていました。

 

意外なことに日本のG1を初勝利になったのはリスグラシューだけではなく、騎乗したモレイラ騎手も初めて。

短期免許来日が夏競馬、ということもあってG1騎乗自体がなかなかなかったわけですが、連覇を狙ったモズカッチャン、昨年2着のクロスコミアを抑えて勝利しており、昨年の同レースでは掲示板にも載れなかったことを考えると、4歳になりかなり成長がうかがえる1勝となりました。

 

次は香港遠征を予定、とのことでモレイラ騎手とのコンビ継続なるかも注目です。

www.youtube.com