見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

唯一の重賞ウィナーを舐めるな!4頭横並びの大激戦を制したのは8番人気@2018東京スポーツ杯2歳S・ニシノデイジー。

札幌2歳S勝ち馬となると、例年その後は人気になるケースが多いんですが、この馬はそういった意味でも異色といえます。

父ハービンジャー・母ニシノヒナギクから生まれたニシノデイジーは、唯一の重賞勝ち馬にもかかわらず8番人気での出走。

父ハービンジャーで東京コース、前走はフロックではないか、といった観点もあったのか、あるいは厩舎、ヤネか。

 

2着には7番人気アガラス、3着に4番人気アヴァンギャルドが入り、正直、来年のクラシックには???な結果となってレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com