見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

正攻法で堂々の重賞連勝&4連勝。いざフェブラリーSは藤田菜七子で参戦が決定。2019根岸S・コパノキッキング。

短期免許で昨年12月から来日していたマーフィー騎手。

日本の競馬にフィットしてからは破竹の勝利数を重ね、帰国前に関東リーディング1位となりました。

ほかの騎手は何しているの???と思うくらいの勝利で、1番人気の勝利よりそれ以下の勝利数のほうが多いだけに、今後も短期免許で来日するようなら要注意の一人。

 

そんなマーフィー騎手が、普段より前目につけての末脚勝負で挑んだのが昨年はこのレースをきっかけにフェブラリーS制覇を成し遂げたノンコノユメが制した根岸S。

7番手追走から抜け出し、3番手追走から粘りを見せたユラノトが2着。

 

マーフィー騎手は帰国する、ということもあり、まさかの本番のヤネに選ばれたのが、コパの馬で条件戦を多く勝ってきた藤田騎手。

まさかの上位人気想定馬での初G1参戦が内定しました。

 

マーフィー騎手いわく本質は1200mの馬かも、ということですが、勝負事はやってみなければわかりません。

たまたまですが、明日2019年2月17日がフェブラリーS当日となりました。

前日オッズでは5.5倍の3番人気。

オッズだけみれば勝っても不思議ないだけに、7枠、菜七子、コパノリッキーも7枠から勝利と、風水的にもいいんじゃないでしょうか。

 

コパノキッキングのレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com