見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2,3歳時に重賞勝ちの姉・妹とは対照的。引退直前6歳春に9度目挑戦重賞制覇@2019愛知杯・ワンプレスアウェイ。

父ステイゴールドといえば晩成というイメージもありますガ、フェノーメノ、ゴールドシップ、オルフェーブルなど最近の牡馬は早々と結果を残すシーンが多かった印象もあります。

 

母ストレイキャットからはキャットコインなど、2,3歳時で活躍する牝馬が多く出てきたわけですが、サンデーレーシングは6歳春で繁殖入りという規定もある中、まさかの引退2ヶ月前に重賞初勝利、かつこれで4姉妹が重賞Vという偉業となったのが2019年の愛知杯。

 

昨年はエリザベス女王杯挑戦など、強気なローテを組んできたことがここにきて実を結んだか、ヤネの津村騎手との呼吸もぴったり。

4番手追走という普段より前目の位置取りから、人気のノームコアを押さえ、逃げるランドネを交わすという明け4歳牝馬の人気馬を抑えての勝利。

 

2004年から牝馬限定となったレースですが、創設以来はじめて関東馬のワンツーとなったレースです。

こちらからどうぞ!

www.youtube.com