見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

兄アルフレードがG1を制した舞台で妹が躍動。2019フェアリーS・フィリアプーラと丸山元気。

最高気温6度と冷え込んだ2019年1月12日の中山競馬場。

美浦・菊沢厩舎の管理馬・父ハービンジャーのフィリアプーラが直線で外に持ち出されると鋭く伸びて差し切り。

2011年の朝日杯FS勝ち馬アルフレードの半妹が、同じ中山芝マイルで初重賞制覇となりました。

 

ハービンジャー産駒の牝馬といえばディアドラ、モズカッチャンがおり、関東からも大物ハービンジャー牝馬誕生なったかは、次以降の本番でわかります。

菊沢調教師としても、アエロリット含めこのレース【0,2,2,0】と惜しいところまできていたレースだけにようやくの初勝利となりました。

 

兄と同じ距離適性とすればオークスは厳しいところですが、もっと長い距離でもこういう脚が使えるイメージはある、と調教師はジャッジ。

1番人気だったクイーンズリングの半妹・アクアミラビリスは道中終始かかり気味で消化不良の5着。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com