見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2億8000万円馬がダンゼン人気に応える。2019メイクデビュー京都・サトノソロモンとミルコ・デムーロ。

高額落札馬なら走るかというとそうでもないのが競馬なわけですが、さすがの走りを見せたのが栗東・池江厩舎のディープインパクト産駒・サトノソロモン。

2番人気にトーセンラーの最高傑作の期待もあるトーセンスカイがおり、こちらは武豊騎手も期待の1頭。

1.3倍と一本かぶりとなったサトノソロモンですが、「まだ余裕があった」がデムーロ騎手、「センスのいい内容」が池江調教師のレース後コメントということで、伸び代もありそうです。

 

大型馬ということで成長を待ちながら育てたいとのこと。

皐月賞には間に合う時期ですが、どんなローテでくるのかも注目です。

デムーロ騎手には朝日杯FS勝ち馬のアドマイヤマーズがいるだけに、クラシック本番は乗り替わり濃厚ですが、サートゥルナリアといい、自分で育てた馬がどんどんクラシック有力馬になっていくのは、うれしいような複雑な思いかもしれませんね。

 

2着には前述のトーセンスカイ、3着には3番人気のレッドジェニアルが入り堅い決着となったレースはこちらから。

www.youtube.com