見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

3連勝で2歳ダート王に。北村友一・斉藤崇史調教師とも初G1制覇@2018全日本2歳優駿・ノーヴァレンダ。

地方交流G1をG1と呼んでいいのかは賛否がありますし、Jpn1と呼称が違う時点で、G1ではない、という考え方もあろうかと思いますが、コリアカップ、コリアスプリントなども、一応G1という認識ではわたしはいるので、G1という考え方でいきたいなと思います。

 

父ダイワメジャーのダート馬、というイメージがこれまでありませんでしたが、今年は朝日杯FS勝ち馬アドマイヤマーズ、そして全日本2歳優駿を制したノーヴァレンダともにダイワメジャー産駒ということで、やはり父サンデーサイレンスの血はすさまじいなと改めて感じさせられます。

 

上位4着までJRA勢が独占となったわけですが、今年は特にハイレベルなメンバー構成で、2着のデルマルーヴルはUAEダービーからケンタッキーダービーへ、という話も出ているくらいです。

3着ガルヴィハーラは美浦・萩原厩舎ということで、ルヴァンスレーヴ再来かと思いましたが、そこまで競馬は甘くないといことでしょうか。

 

ノーヴァレンダ騎乗の北村友一騎手は、お手馬が今年、来年と揃っている印象で、川田、武豊騎手などとともに、外国人騎手全盛の牙城の一角を崩してもらえたらと思います。

というわけで、管理する斉藤調教師ともども、初G1制覇おめでとう!

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com