見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

脅威の3兄弟G1制覇。母シーザリオ偉大なり。2018ホープフルS・サートゥルナリアとミルコ・デムーロ。

繁殖入り当初から産駒が高額だったオークス馬、いやアメリカンオークス馬?ともいえるシーザリオ。

とはいえ、しばらくは泣かず飛ばずの産駒成績で、やはり名牝から名馬は生まれないのか、と思っていたら、エピファネイア、リオンディーズと結果を出してきました。

 

そして2018年はサートゥルナリアでホープフルSを制覇。

父ロードカナロアは距離に限界がある、と勝手に決めているのは人間だけで、アーモンドアイなど、繁殖次第でどうとでも対応できるポテンシャルはある、ということなんでしょう。

キングカメハメハを超えた、とはまだまだ言い切れないのは、ダートでは結果が出ている産駒が少ないから、と個人的に。

キンカメは芝・ダともに大物を出しているだけに、ロードカナロアもいずれはダートの大物を・・・と思います。

そして、アドマイヤマーズの朝日杯FS制覇によって、2歳チャンプ両方をお手馬にしてしまったデムーロ騎手。

サートゥルナリアはルメール騎手が2019年は騎乗することが決まり、アドマイヤマーズでのクラシック参戦となりそうです。

なんとなく、福永騎手のネオユニヴァースとエイシンチャンプの選択を想起させる内容だと思うのはわたしだけ???

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com