見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

目指せ香港!久々凱旋の札幌でG1馬の貫禄。2018クイーンS・ディアドラとクリストフ・ルメール。

父ハービンジャーといえば、牡馬ならペルシアンナイト、牝馬ならモズカッチャン、そしてディアドラです。

ディープインパクト産駒はクラシックでは目立ちますが、その後尻すぼみが多い中、ハービンジャーはしぶとく成長を続ける印象もあります。

そんなディアドラが、牝馬限定戦なら納得の1番人気、かつ納得の1着という磐石の競馬を見せたのが2018年のクイーンS。

力をつけるきっかけとなった洋芝に久々に帰ってきた感触を楽しんでいる、そんな余裕すら感じられる勝利でした。

オークス馬ソウルスターリングが3着と、ようやく復調か?と思える内容だっただけに、なかなかいいレースだったのではないでしょうか。

 

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com