見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2018WAJS第二戦・レッドジェノヴァとクリストフ・ルメール。

2戦目となったWAJS。

外国人騎手のワンツーとなりましたが、ルメール、デムーロ騎手はもう外国人騎手とは呼ばないほうがいいのかもしれません。

勝ったのは1番人気のレッドジェノヴァ。ちょっと能力が抜けていたメンバーだったかもしれません。

初戦で出遅れたルメール騎手としては大きな一勝となりました。

2着にはS・フォーリー騎手騎乗のギブアンドテイク、3着にはオープンキャリアも豊富だったドレッドノータス戸崎圭太が入ったレースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com