見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「まだ馬体にゆるさが・・・」それでも3戦連続上がり最速。2018新潟2歳S・ケイデンスコールと石橋脩。

栗東・中内田厩舎といえば、古くは?グレイトパールのイメージがありましたが、最近はゴドルフィンというより、ノーザンファーム生産馬での活躍が目立ちます。

特に2歳馬の活躍が目立っており、今年もそれが出た形。

 

父ロードカナロア・母インダクティのケイデンスコール。

新潟で時計が速いとはいえ、3ハロン33秒1というのは脚大丈夫か?と思うようなキレ。

テン乗りの石橋脩も「まだ馬体に緩さが」とコメントしている中、このパフォーマンス。

はたしてこのレース勝ち馬の出世頭ともいえるハープスターレベルかどうか。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com