見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

レースレコードで決めた!2年9ヶ月ぶりのV。完全復活!2018富士S・ロジクライとクリストフ・ルメール。

2018年のルメール騎手はもはや「神ってる」としかいえません。

武豊騎手が樹立した年間212勝更新すら狙えるポジションにつけています。

短期免許でモレイラ騎手、ムーア騎手など一流が来日するのが当たり前、かつ同じ時期にJRA騎手免許取得のミルコ・デムーロ騎手がいる中でこの成績は素直に評価せざるをえません。

 

そして、約3年近く勝てなかった馬を重賞で復活させてしまうあたりが、ルメールマジック。

素質・能力は評価されつつも勝ち星に恵まれなかったハーツクライ産駒のロジクライに、久々の勝利をプレゼント。

休み明けとはいえ、エアスピネル、ペルシアンナイト相手に勝利したのは評価したいところ。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com