見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

またもルメールマジック!和製ラムタラ再来か?2018菊花賞・フィエールマン。

もはや血統では語れなくなってきたのが、日本の菊花賞。

短距離血統なのに菊花賞馬、というと、わたしの世代はマチカネフクキタルが浮かびますが、短距離血統とかいう以前に、もはやローテすらどうでもいい、と思える結果となったのが2018年の菊花賞。

 

ラジノNIKKEI賞2着から、じっくり間隔を空けてぶっつけとなったディープインパクト産駒のフィエールマン。

美浦・手塚厩舎の管理馬。

手塚厩舎といえば、桜花賞馬・アユサンが浮かびますが、牡馬の大物はこれまでは出てこなかった印象もある厩舎。

王道ともいえる神戸新聞杯を叩いて参戦してきたエタリオウとの叩き合いを制して1着。

戦績はなんと今回が4戦目。いきなりの芝3000mをこなしての勝利。

有馬記念、ジャパンカップ、いずれかに来るかと思いきや、まさかの次は来年のAJCC。

サンデーレーシング都合か、はたまたルメール騎手にはジャパンカップにアーモンドアイ、有馬記念にレイデオロがいる都合か。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com