見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

初コンビの川田とともにトンネル脱出。1年半ぶりにリアルダイヤモンドが帰ってきた?2018京都大賞典・サトノダイヤモンド。

栗東・池江厩舎といえばディープインパクトを管理していた泰郎調教師の息子・泰寿さんがやっている厩舎。

武豊騎手とおさななじみ、という間柄ですが、不思議と有力どころには川田、ルメールを乗せるケースが多いです。

 

そんな池江厩舎のサトノダイヤモンド。

有馬記念でキタサンブラックとの一騎打ちを制した後は、どこまで羽ばたくかと思われましたが、思わぬトンネルに入りました。

主戦のルメール騎手も、気づけば他の馬に取られてしまい、今回は川田騎手が初めての騎乗。

1番人気はサトノと同じくこの後ジャパンカップ、かつ連覇を狙うシュヴァルグランでしたが、今回は早めスパートという選択で見事押し切り久々の勝利を飾りました。

 

ジャパンカップ、有馬記念とこのあとローテが組まれる予定ですが、果たして次は誰が乗るのか。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com