見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「自分ののリズムで運び手ごたえ通りに伸びた」by北村宏。終わってみたら4馬身差。2018なでしこ賞・オルトグラフ。

毎年毎年怪物級が出てくるような感じがするのがJRAのダート馬。

昨年はルヴァンスレーヴはじめ、古馬相手に互角以上に戦える馬が多数出てきました。

今年もそんな勢いを感じさせられる2018年。

 

パイロといえば地方競馬というイメージもありますが、母リリックとの間に生まれたオルトグラフ。

ゴドルフィンの勝負服に北村宏、というのも斬新でしたが、4番人気は舐められた、と思える圧勝劇。

デビュー戦と距離、舞台ともに変わったこともありますが、あっさり克服したあたり、能力はこちらが思っている以上に高そうです。

 

マイル以上でもやれるかどうか、次走に注目ですね。

www.youtube.com