見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ドバイ帰りで日本レコード更新。4馬身差で国内4連勝&重賞初V@2018プロキオンS・マテラスカイと武豊。

ゴールデンバローズなど、ドバイのダートを使ったあと、素質開花ならずしぼんでしまうケースがけっこうあるイメージがあります。

そういった意味で、血統が○外なら、そういう問題は起きないのか、と思えたのが今年のプロキオンSのマテラスカイ。

ドバイを使って帰国後の重賞挑戦、かつ目標になる逃げ馬ということで、武豊鞍上でもやはり人気は微妙なところで5番人気。

 

ところが終わってみたら、まさかの日本レコード更新。

父スパイツタウン、母モスタケレーという、日本ではさっぱり適性がわからないような血統なので、逆に良かったのか。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com