見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

終わってみたらダービー馬が圧巻の勝利。2018秋の天皇賞・レイデオロとクリストフ・ルメール。

スワーヴリチャードが安田記念以来の競馬となった2018年の秋の天皇賞。

平成最後の天皇賞ということで、はたしてどの馬が勝つのか、注目していましたが、終わってみたら、東京コースならやはりこの馬。

日本ダービー勝ち馬のレイデオロが楽勝で終わりました。

 

今年のルメール騎手は220勝くらいしそうな勢いを保ちつつ秋を迎えており、運気低下中のデムーロ騎手騎乗のスワーヴリチャードは出遅れたうえに接触もあり、まともに競馬できず惨敗。

 

レイデオロといえば奇策ともいえるまくりをダービーでやった馬ですが、最近は折り合いもつけやすくなったか、道中はじっと中段で折り合っていました。

2着のサングレーザーは本質的にはマイラーだと思っていただけに、札幌記念勝ちは伊達じゃないな、という印象。

果たして来年はどんなローテを組むのか、安田記念なら面白いなと個人的には見ていますが。

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com