見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「文句なし。これなら距離延びても」by藤原英調教師。2018メイクデビュー阪神・ヴァンドギャルドと北村友一。

父ディープインパクトということで、どうしても人気になるわけですが、きっちり1番人気に応えて勝利したのが、エポカドーロはじめ、クラシック、古馬G1で存在感を見せ付ける栗東・藤原英厩舎所属のヴァンドギャルドです。

 

社台ファームの所有馬ということで、ソウルスターリングが最近の出世馬ですが、関西からはハーツクライ以来大物が不在。

そういった意味で、期待できそうな1頭。

次は東京スポーツ杯2歳Sを予定しています。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com