見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

脅威の上がり32秒3。次は香港。ルメール騎手とともに。2018府中牝馬S・ディアドラ。

父ハービンジャーは、種牡馬入り当初から苦戦していた種牡馬の1頭。

ところが立て続けに、モズカッチャン、ペルシアンナイト、ディアドラと大物を輩出。

日本の馬場には重過ぎると思っていた血統でしたが、繁殖次第でやはり結果は出るもんです。

 

東京の芝1800mでハービンジャー産駒が勝利する、というイメージがわかなかったので軽視しましたが、リスグラシュー相手にあっさり完勝してしまうあたりものが違うのでしょう。

 

次はエリザベス女王杯でも秋の天皇賞でもなく、香港カップを目標とのこと。

栗東・橋田厩舎としてもサイレンススズカ以来の大物といえるだけに、大事にいきたいところ。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com