見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

スタートで後手も巻き返し。荒くれ者の父の血か?2018メイクデビュー京都・エングレーバーと浜中俊。

2018年はキャロットの勝負服があまり目立たないまま残り2ヶ月ちょっとになりました。

そんな中、栗東・中内田厩舎からまたもスター候補が誕生。

父オルフェーブル、母マルティンスタークの間から生まれたエングレーバー。

スタートで後手をふんだものの、芝2000mということもあり鞍上の浜中騎手は落ち着いて対処。

グングン直線で追い上げ、最後は3番人気馬・パトリックをハナ差競り落として勝利。

初戦から馬混みでの競馬が経験できた点と、まだ幼い点を考えると、父のオルフェーブルも2歳から3歳3月くらいまでは不安定な内容だったこともあり、今後の伸びしろはかなりあるのではないでしょうか。

 

逃げたアドマイヤビーナスが4番人気で3着と健闘。

展開を考えると前目につけた馬が有利だっただけに、エングレーバーの強さは際立っていたかもしれません。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com