見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

またもルメール。アーモンドアイのライバルを自分で作ってどうする?2018ローズS・カンタービレ!

秋華賞トライアルを使わずぶっつけで挑むことが決まっているのが2冠牝馬アーモンドアイ、そしてライバル関係にあるラッキーライラック。

残念ながら桜花賞3着、オークス2着のリリーノーブルは故障で戦線離脱しているだけに、夏の上がり馬、新星に期待が集まったのが2018年のローズS。

本番はアーモンドアイ騎乗がわかっているのにルメール騎手に騎乗依頼する、という時点で、いかに日本人騎手の信頼が揺らいでいるか、という証左になりそうです。

 

勝ったのはフラワーカップ勝ち馬で、オークス直行も惨敗を喫したカンタービレ。

牝馬クラシックでは存在感が薄くなったディープインパクト産駒で、ルメール騎手は紫苑Sのノームコア、京成杯AHのミッキーグローリーに続いて重賞3連勝で決めました。

 

2番手からリラックスして直線抜け出しての勝利ということで、芝1800mで牝馬限定はやはり安定感があります。

問題は次の本番・秋華賞ですが、武豊騎手が騎乗予定とのこと。

2着サラキア、3着ラテュロスまでが出走権獲得も、小粒な感は否めません。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com