見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

夢無残。19頭立て17着大敗。デットーリ騎手は最多の6勝目。2018凱旋門賞・エネイブル。withクリンチャー。

今年のクリンチャーにどれだけの期待ができたのか。

期待できたのは1点だけ。「意外性」のみ。

今年はフルゲートが予想された凱旋門賞ですが、1枠あいて19頭立てになりました。

エネイブル、3歳牝馬からシーオブグラスと牝馬が人気だった今年。

ディープインパクト産駒のスタディオブマンの参戦もあり、日本人からするとなんとか頼む!という感じでしたが・・・

 

見事にエネイブルの押し切りで終わりました。

ゴール寸前でシーオブグラスが猛追してきましたが、きっちり残すあたりがさすがにデットーリ騎手。

クリンチャーはエネイブルと同じ位置取りで競馬しつつ直線でバテて大敗。

 

オルフェーブルで勝っておくべきでした。

エルコンドルパサーがモンジューと接戦を演じたときは近づいたと思った凱旋門ですが、またまた遠のいた印象。

欧州の競馬は日本やオセアニア、香港とは違った競馬と考えたほうがいいのでしょう。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com