見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

4ヶ月ぶり、帰国初戦も問題なし。6分のデキで楽勝。春秋連覇へ白星発進。2018セントウルS・ファインニードル。

ゴドルフィンの主戦ともいえる地位に上り詰めるチャンスがあるのが川田騎手。

2018年の高松宮記念でゴドルフィンの新勝負服でのG1制覇となったファインニードル。

海外遠征は4着と結果が残せなかったものの、格の違いを見せ付けて昨年に引き続いてセントウルS連覇を果たしました。

 

枠が外だったこともあり、それを嫌って馬券から切ったファンも多かったかもしれませんが、終わってみたらきっちり内に入って競馬しており、川田騎手のうまさも光りました。

2着には逃げたラブカンプーが夏のスプリント善戦の勢いそのままに食い込んでいますが、さすがに本番には余力がないかもしれません。

3着には追い込んできたグレイトチャーター。本番出走なら妙味はこの馬かもしれません。

 

今年のサマースプリントシリーズはCBC賞、北九州記念を制したアレスバローズが輝きましたが、本番はやはりファインニードル1強になるのか?

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com