見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

秋華賞ではライバルに。「チャンスありそう」春とは違うわよ!2018紫苑S・ノームコアとクリストフ・ルメール。

あと一歩で大一番を逃してきた春とは一味違う。

そんな競馬を見せたのが美浦・萩原厩舎所属の父ハービンジャー、母クロノロジストから生まれたノームコア。

直線で力強く抜け出して3馬身差圧勝。

 

いつもは2番手あたりから競馬する馬だったはずが、休養を経て末脚強化に成功し、今回は後方待機。

といっても4番手ですが、2冠牝馬のアーモンドアイの主戦でもあるルメール騎手としては、強力なライバルを自身の手で覚醒させてしまっただけに、本番悩みそうなところ。

2着には1番人気のマウレアが入ったもののゴール入線後に歩様を乱して武豊騎手が下馬。

本番の出走が厳しくなりました。本賞金加算には成功していますので、来年以降、また見直したいところです。

www.youtube.com