見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

苦節144戦。2018年デビューでようやく初勝利・2018阪神500万下アロマティカスと服部寿希。

栗東・湯窪厩舎所属の服部騎手は2018年デビュー。

3月3日に小倉1レースでクリノモリゾ12着から始まった連敗はなんと143。

服部騎手の勝利によって、2018年デビューの騎手は全員勝利を挙げることとなりました。

「これまでたくさん乗せていただきましたが、チャンスをものにできませんでした。競馬学校時代からお世話になっていた所属厩舎の馬で勝ててうれしいです。今回は調教のときからチャンスがあると思っていました。レースでは、前をかわせたかどうか不安がありましたが、鮫島克駿騎手から言葉をかけていただいて勝ったんだとわかりました。これからは勝ち鞍を伸ばしていきたいです」とコメント。

 

今年は順調に勝ち星を量産している藤田菜七子騎手に注目が集まりがちですが、若手の台頭はJRAにとっても待望、不可欠なはず。

モレイラ騎手のJRA騎手免許合格か不合格かも気になりますが、第二、第三の武豊騎手を生え抜きで出せるよう、JRAもがんばってほしいものです。

www.youtube.com