見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

リリーノーブル弟がダノンプレミアム妹を撃破。2018メイクデビュー阪神・エクザルフと川田騎手。

6頭立てと少頭数になったものの、今年のクラシックを騒がせたリリーノーブルの弟とダノンプレミアムの妹が激突、というハイレベルなレースになったのが、芝2000mのメイクデビュー阪神。

栗東・松下武士厩舎の管理馬の父バゴ、母ピュアチャプレットから生まれたエクザルフが牡馬の貫禄を見せて勝利。

リリーノーブルもそうですが、芝中距離のほうがマイルより乗りやすいイメージもあるだけに、バゴ産駒でまだ大物は出ていませんが、母系がいいだけに楽しみな1頭となりました。

 

1番人気は牝馬ながらプレミアムギフトが支持されるも、連に絡めず3着敗退。

ダノンプレミアム、リリーノーブルとも主戦をつとめている川田騎手としてはこの両馬が同じレース、というのは痛かったかもしれません。

 

兄のダノンプレミアムも2000mがなんとなくギリギリに思えるだけに、次で距離短縮ならあっさりもあるかもしれませんが、3着はちょっと物足りない競馬でした。

2着には4番人気のバラックバリンカが入り、この頭数としてはおいしい馬券になったかもしれません。

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com