見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

15馬身差の大楽勝で連覇達成のカネヒキリ産駒。2018コリアカップ・ロンドンタウンと岩田騎手。

相手が弱すぎる。

と思えたのが2018年のコリアカップです。

日本でもジャパンカップが始まったころは外国馬にやりたい放題にやられていたこともあり、韓国もこれから力をつけていくのでしょうが、いくらなんでも15馬身差というのは。。。しかも今年は本調子ではなかったと思われるロンドンタウン。

韓国の水が合うんでしょう、来年3連覇が狙える位置にいる気もします。

 

ただ、残念なのは岩田騎手がこのレースで審議対象。騎乗停止処分を受けたこと。

普通に乗ってれば問題なく勝てた差だっただけに、もったいない騎乗。

1着賞金が5600万円あまりということで、まずまず高額なだけに、来年以降も日本馬の参戦はあるでしょう。

問題は北米です。日本も来ませんし、韓国にも来ない。

ガンランナー級がアジアに来てくれるまで、レースレベルを高めていきたいところですよね。

www.youtube.com