見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

初戦は逃げて圧勝。2戦目は最後方から大外一気のダイワメジャー産駒。2018アスター賞・グレイシア。

ダイワメジャーというと後ろから競馬する、というイメージはなく、産駒でG1馬を見ても、先行力を生かす競馬が合っているように思えます。

ところが、母クーデグレイスから生まれたグレイシアはどうやら一味違うようです。

 

美浦・栗田徹厩舎の管理馬。

今後のことも考えて控える予定だった、と騎乗した田辺騎手のコメントもあったように、初戦で逃げ切り勝ちの次はけっこう乗り方が難しいところ。

とはいいつつも、、、まさか最後方とは思わなかったことでしょう。まして今回もダンゼン人気を背負っていた牝馬だったこともあり、逃げて6馬身差だったデビュー戦とは違った意味でインパクトを与える競馬でした。

 

2着には2番人気のドラウブニルが入っており、レースレベルも高いと思われる1戦。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com